エアレースで使われる機体は大きく3つほど。

でも、機体性能で差が出ないよう規則でどの機体も同じエンジン・プロペラ

が搭載されているんですね。

米ライカミング社製の水平対向の空冷6気筒エンジン。

セスナ機や小型飛行機用エンジンの老舗。

 

1)Edge 540


An Inside Look At Martin Šonkas Red Bull Edge 540 V3

 エアレース機のほとんどがこれ。

 室屋選手の機体もこれですね。

    ちなみに余談ですが、先日の八重洲ブックセンターでの

 室屋選手トークショーで、「絶対に負けたくない選手は誰ですか?」

 と聞かれ、Martin Sonkaかなと答えてました。

 

2)MXSーR 

 翼の形状が特徴的ですね。Edge540より翼が大きく見えるのは気のせい?

 これを使っている選手は少数派のようです。

 ↓マットホール選手のMXS-Rによるアクロバット。

Matt Hall flying aerobatics in MXS-R

  

3)CORVUS RACER 540

       先日、過去のブダペスト大会についてのブログをご紹介した時に

  動画をご紹介しましたが、エアレースのゴッドファーザーこと

  ピーターベネゼイ専用に開発された機体。

  流れるような機体形状が美しい!

  鼻の長いスポーツカーのようです。

  世界遺産の橋をこんな使い方させてくれるハンガリーという国の

  懐の深さもスゴイですね。


Peter Besenyeis display under the bridges of Budapest

 

機体にも詳しくなるとますますエアレースの楽しみ方がディープになって

面白いですね。

 

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones

三越・伊勢丹オンラインストア